『FJネクスト迷惑電話3ガーラ・プレシャス東麻布不買』

林田力

林田力『FJネクスト迷惑電話3ガーラ・プレシャス東麻布不買』(Amazon Kindle)はガーラ・プレシャス東麻布問題を中心にFJネクスト問題を取り上げる。FJネクストはマンション投資の勧誘電話で評判が悪い。

赤羽橋のガーラ・プレシャス東麻布は江東区東陽のガーラ木場新築工事と共に境界線ギリギリに高層マンションを建築する非常識なマンションである。法に触れなければ何をしても構わないというような企業姿勢が非難されることは当然である。

マンション投資は暮らしと経済の土台を破壊する。現在の経済情勢からマンション投資は危険である。2015年7〜9月期GDP速報値は年率換算で0.8%減と2四半期連続のマイナスであった(「7〜9月期GDP速報値 年率換算で0.8%減と2四半期連続のマイナス」フジテレビ2015年11月16日)。

普通の分譲マンションでも手抜き工事や欠陥施工が問題になっている。「建築専門誌『日経アーキテクチュア』は、「マンション施工不良は今後も増える」と受け取れる“不吉な予言”をしています。本当はこんな予言は当たらない方がいいのですが、悲しいことに事態は予言が示す通りに推移しています」(細野透「マンションの施工不良は今後も増える 専門誌が不吉な予言」SAFETY JAPAN 2015年11月10日)。

購入者(所有者)と居住者が最初から異なり、所有者が家賃収入しか関心を持たない投資用マンションは普通の分譲マンション以上に危険である。ワンルームマンションは投機目的であり、管理が杜撰になりがちである。

FJネクスト迷惑電話や住環境破壊の実態は、消費者運動の常識からは考えられないものである。ある者は怒り狂い、ある者は恐怖に凍り付き、ある者は悲しみの涙を流し、FJネクストの蛮行を許さない空気が生まれた。FJネクスト不買運動にいると心臓が鼓動している人間に見える。FJネクスト不買運動から引き離されると、胸の筋肉が血液を送り出しているだけの人間のようである。自分の言葉でFJネクスト不買運動を訴えよう。

林田力『FJネクスト迷惑電話』



林田力 東急不動産だまし売り裁判 こうして勝った 東急不動産係長脅迫電話逮捕事件 二子玉川ライズ反対運動 東急リバブル広告 東急ストアTwitter炎上 東急ホテルズ食材偽装 東急ハンズ過労死 ブラック企業・ブラック士業 脱法ハーブにNO 東京都のゼロゼロ物件 東急不買運動 東急リバブル東急不動産不買運動 アマゾン ブログ ツカサネット新聞 リアルライブ 本が好き v林田力 家計簿 ワンピース 韓国 江東区長 選挙 東陽町 世田谷区 Hayashida Riki hayariki tokyufubai amazon wiki wikipedia facebook
林田力『東急不動産だまし売り裁判』






#書評 #小説 #読書 #読書感想 #新刊

inserted by FC2 system