マキシヴFJネクスト反対運動

マキシヴやFJネクストは不動産投資の迷惑勧誘電話で評判が悪い。買ってはいけないマキシヴFJネクスト。マキシヴなのにマキシムと名乗る。ビクサム、ビクター、マキシムという名前を使い分けるとの報告がある。

Webサイトでは以下のように書かれているが、信用できない。「マイホーム探し・不動産経営、管理等、なんでもMAXIV(株式会社マキシヴ)にお任せください」「マンション経営を軸に保険、年金対策・相続対策などといったお客様のライフプランを提案することでお客様との信頼と喜びを構築するのがマキシヴの経営ビジョン」

マンション投資の迷惑勧誘電話は断っても食い下がって電話を切らせない。以前勤務していた部署に最初かかって来たが、転勤先にもかかってきて、一旦取り次いでしまうと、ネチネチとなかなか電話を切らそうとしないとの声がある。本当に迷惑である。

会社の方に「マンション経営をしませんか」「老後の年金積み立てをしませんか」などの勧誘の電話が入る。強制的に電話を切っても何度もリダイアルしてくる。職場に電話をかけて仕事の邪魔をする大変迷惑な不動産勧誘会社である。宅建業協会に電話して告発しよう。

FJネクスト迷惑電話や悪質マンション建設は社会の邪魔である。FJネクストに誠実さを期待することは、木に拠って魚を求めるようなものである。FJネクスト迷惑電話や悪質マンション建設への怒りはNHK大河ドラマ『真田丸』第36回「勝負」の台詞に重なる。

徳川中納言秀忠「怒ってよいのか」

本多佐渡守正信「御意」

具体的な悪徳不動産業者があって、それを問題にするから業界の問題が浮き彫りになる。迷惑電話で狭いワンルームマンションを押し売りしていると根性が曲がる。悪徳不動産営業はタカれる金にはとことんタカる。電話営業は詐欺に手を染めてまで自分の存在意義を見出そうとあがく。

マンション投資の利益は日に照らされた雪のように溶けてしまう。不動産の賃貸需要ないのに低金利で簡単に融資を受けられるためにバブル時代の融資額を越えてしまった。これはサブプライムローンと同じ運命になる。不動産バブルが日本を滅ぼす。

いくらでも潜在性のある投資案件が存在するのに何で敢えて日本の不動産に投資するか。過去の成功神話か。FJネクスト迷惑電話が安定して利益あげられると力説していたか。人口減少の中で給与所得者はマンションオーナーになってはいけない。最後は破産か自殺の運命である。

『FJネクスト反対運動』

林田力

林田力『FJネクスト反対運動』(Amazon Kindle)は『FJネクスト迷惑電話』(Amazon Kindle)に続き、FJネクスト問題を取り上げる。FJネクスト反対運動とFJネクストは交じり合わぬ白と黒である。FJネクスト反対運動は選択肢など存在しない一本道を、何処までも無心に駆け抜ける。FJネクスト反対運動は理想の火を燃やして、住環境を壊すFJネクストの悪意を批判する。

FJネクスト迷惑電話の害悪は直感的に分かりやすく、説得力を持っている。FJネクスト迷惑電話は心の闇、醜い劣情を曝け出す。マンション投資はハイリスクである。世界経済の先行きに不透明感が広がりつつあることはマンション投資の消極論を後押しする。例えば中国の2015年9月製造業購買担当者景気指数(PMI)は49.8と景気判断のポイントとなる50を下回った。

マンション投資のリスクを見ない人は、あって欲しくないと望んでいるからリスクが見えないだけではないのか。マンション投資は絶望という名の砂漠の中で、希望という名の砂粒を探すような無理難題である。日光に弱い吸血鬼が日光浴をする以上に非現実的である。

FJネクストは赤羽橋のガーラ・プレシャス東麻布(ガーラ東麻布新築工事)や江東区東陽のガーラ木場新築工事で住環境を破壊する(林田力『東急不動産だまし売り裁判47ガーラ木場不買』Amazon Kindle)。ガーラ木場は施工が株式会社ウラタ(市川市広尾)、設計がTOAライブ株式会社一級建築士事務所、近隣対策屋が株式会社CAST-UDである。

FJネクストの開発は住民いじめである。FJネクストは資本主義的競争社会が生み出す卑しさそのものである。住民説明会で恫喝するFJネクストは自らの下賎さを隠し切ることができない。その目は、まるで餌を前にした卑しい犬のようであった。瞳を合わせれば腐り落ちそうな程気色の悪い連中である。何という傲慢。どうしようもない独善。

FJネクストの住環境破壊は気圧の急激な変化の中に身をおいたような肉体的苦痛を伴う。FJネクストの住環境破壊は個人の工夫や努力で解決してはならない問題である。FJネクストは何の説明責任も果たしていない。住民の声は握り潰されている。FJネクストのマンション建設は人々の精神的安定を損ない、住まいが本来実現すべき充実感や解放感を壊す。

FJネクストの迷惑勧誘電話や住環境破壊はヒステリックで軽薄な社会をもたらす。FJネクストが住民や消費者に報いるものは絶望だけである。FJネクストが住民や消費者の犠牲を貶めて、なかったことにして自社だけが金儲けを与ろうなんて、それは余りに虫が良すぎる。住民や消費者はFJネクストから泥を浴びせられる謂れはない。



FJネクスト反対運動 [Kindle版]
http://www.amazon.co.jp/dp/B015VJ2ME6
Anti FJ Next (Japanese Edition) Kindle Edition
http://www.amazon.com/dp/B015VJ2ME6
Anti FJ Next (Japanese Edition) [Kindle Edition]
http://www.amazon.co.uk/dp/B015VJ2ME6
Anti FJ Next (Japanese Edition) [Kindle Edition]
http://www.amazon.co.in/dp/B015VJ2ME6
Anti FJ Next (Japanese Edition) [Kindle Edition]
http://www.amazon.de/dp/B015VJ2ME6
Anti FJ Next (Japanese Edition) [Format Kindle]
http://www.amazon.fr/dp/B015VJ2ME6

FJネクスト反対運動 - はてなキーワード
http://d.hatena.ne.jp/asin/B015VJ2ME6
Anti FJ Next (Japanese Edition) [Version Kindle] Hayashida Riki (Autor)
http://www.amazon.es/dp/B015VJ2ME6
Anti FJ Next (Japanese Edition) [EBook Kindle]
http://www.amazon.com.br/dp/B015VJ2ME6
Anti FJ Next (Japanese Edition) [Edicion Kindle]
http://www.amazon.com.mx/dp/B015VJ2ME6

林田力『FJネクスト迷惑電話』



林田力 東急不動産だまし売り裁判 こうして勝った 東急不動産係長脅迫電話逮捕事件 二子玉川ライズ反対運動 東急リバブル広告 東急ストアTwitter炎上 東急ホテルズ食材偽装 東急ハンズ過労死 ブラック企業・ブラック士業 脱法ハーブにNO 東京都のゼロゼロ物件 東急不買運動 東急リバブル東急不動産不買運動 アマゾン ブログ ツカサネット新聞 リアルライブ 本が好き v林田力 家計簿 ワンピース 韓国 江東区長 選挙 東陽町 世田谷区 Hayashida Riki hayariki tokyufubai amazon wiki wikipedia facebook
林田力『東急不動産だまし売り裁判』






#書評 #小説 #読書 #読書感想 #新刊

inserted by FC2 system